坂口杏里|風俗情報

「坂口杏里」の主な出演AV作品

・芸能人ANRI めちゃくちゃイッてるッ!
・芸能人がチ○ポチ○ポチ○ポまみれの大大大乱交

風俗店に在籍する「坂口杏里」について

「坂口杏里(さかぐち・あんり)」は、身長は167センチ、スリーサイズはバスト82センチのBカップ・ウエスト59センチ・ヒップ88センチの東京都出身のAV女優です。
もともとは名女優・坂口〇子の娘として芸能界デビュー。母娘でバラエティー番組に登場し、舞台や映画などにも出演しています。バイキング・小〇と付き合う、母親の死によって迷走を始めるなど様々な経緯があってAV女優としても活動しました。
彼女はクリッとしたお目目に、バランスの取れた端正な顔立ちが魅力。さすが2世タレントといえる容姿レベルの高さを持っています。バラエティー番組に出演していたときはややぽっちゃりとした印象がありましたが、AV女優として作品に出演する彼女の身体はスレンダー。胸が小さい・乳首が印象的・ややお尻が汚いといった部分を指摘されますが、元有名人としての期待の高さからの評価といえるかもしれません。

そんな坂口杏里は2016年に、何人もの芸能人の作品を世に送り出してきたMUTEKIから「ANRI」という名前でAVデビュー。「What a day!!」というタイトルは、以前付き合っていたとされる芸能人にちなんでいます。AVデビュー後にヘアヌード写真集も発売しました。ただこのときは所属事務所を退社し、キャバクラ店のホステスとして働いています。そのため芸能人としての活動は休止していたようです。
この後彼女は、知人のホストへの恐喝容疑で逮捕。釈放されたあとはホステスとして真面目に働き、六本木の高級キャバクラでトップクラスの人気を博します。しかしその後はお店とのトラブルがあって移転。芸能界を引退してキャバクラ嬢として生活することを発表しますが、ストリップデビューがメディアに報道されてキャンセルに。それからは新宿、神戸、渋谷などの風俗店などで働いています。
度々SNSで近況を発表し、メディアで取り上げられることもありますが、その言動から「迷走」しているという印象を受けることも多いです。ただ実際の報道と真実が異なる部分があるかもしれないので、これまでの印象だけで敬遠してしまうのは勿体ないといえるかもしれません。

「坂口杏里」のプレイスタイル

坂口杏里は複数の作品に出演していますが、回を追うごとにAV女優として成長しています。最初は「有名人の私が何でAVに」といった思いが見え隠れする部分もありますが、徐々に過激なプレイにも対応できるようになっていることが特徴です。デビュー作は芸能人御用達のMUTEKIということで過激度は少なめでしたが、途中から過激な作品も多数輩出するMOODYZで作品をリリース。その影響もあってか、後の方の作品になってくると、大人数のAV男優との乱交を楽しんでいるものも出てきます。
デビューしたばかりの作品は、少し生意気な女の子がエッチなことをする姿を楽しめます。女性の裸が出てくる少しアダルトな映画の、「あとちょっと」という何ともいえない興奮を味わうことが可能です。そして後期の作品では容姿レベルが高めの女の子が、エロい姿を見せることに興奮することができます。元芸能人の乱交プレイが見られるのも、彼女の作品ならではといえるかもしれません。
それだけに坂口杏里は、自分の好みやそのときの気分に合わせ、鑑賞する作品を決めるのも良いでしょう。

また長身でスレンダーな体型であることも坂口杏里の魅力です。167センチという身長は長身モデルも多い現在においても、十分背が高い部類だといえます。そのうえで引き締まった身体をしているので、細身の女の子が好きな方には良いでしょう。スタイルは良いものの残念な箇所も見受けられる彼女ですが、そのような身体がかえって自然に見えてきます。
そんな坂口杏里は出演作の中で、濃厚なフェラを披露しています。ときおりイヤらしい音を立てながら行うフェラは、見ている男性の射精感を高めてくれるのではないでしょうか。またクリッとした瞳を持ち、小動物のように見える顔立ちの彼女が、上目遣いで行うのポイントが高いです。さらに彼女の場合は、元有名人という肩書きがあるので、「あの坂口杏里にしてもらっている」と想像するだけで興奮度が高まります。またバラエティー番組で活躍していたときは「おバカキャラ」でしたが、フェラのときは大人の女性らしいセクシーな表情も見せてくれます。このようなギャップを楽しめることも、坂口杏里の作品の特長です。

風俗で遊べる「坂口杏里」の性格

芸能人・ホステス・AV女優・風俗嬢など様々な分野で活動してきた坂口杏里。そんな彼女の今までを見ていると、人への依存度が高い・はっきりと自分の意見を口にするといった性格が見えてきます。名女優を母に持ち、少し甘やかされてきた部分があるものの、プレッシャーもあったと思われる彼女。その後強く生きていくために、はっきりと物事をいうことを覚えたのだと推測されます。だからこそ少しエキセントリックに感じられるものの、どこかかわいらしい部分も見え隠れする。坂口杏里とはそのような女の子なのではないでしょうか。