小澤マリア 風俗

エリア:中州AV女優

営業時間:

プレイ料金:

風俗嬢「小澤マリア」のAV作品

・新人×ギリギリモザイク ナンバーワンスタイル
・ギリギリモザイク 美しきパコパコ
・憧れの美人ハーフ女子アナ中出しレイプ

中州ソープに在籍していると噂される「小澤マリア」について

「小澤マリア」は1986年1月8日生まれ、北海道出身のAV女優です。

身長は162センチ、スリーサイズはバスト88センチのEカップ・ウエストは58センチ・ヒップは86センチというスタイルの良い女の子。父がカナダ人・母が日本人というハーフで、彫りの深いエキゾティックな顔立ちが魅力的です。抜群のルックス・スタイルを持っている彼女はキレイな欧米美女のイメージ通り。そのような美女のイヤらしい姿を見るために、彼女のAVをチェックしているというユーザーも少なくありません。

そんな「小澤マリア」は2005年にデビューし、その年にエスワンの最優秀新人賞を受賞するなど一気に人気AV女優としての地位を確立します。2010年にAV女優としては引退(2011年にも作品はリリースされる)するものの、その年にも「スカパー!アダルト放送大賞」のライブドア賞を受賞するなど人気は衰えませんでした。

その後ベトナム・タイ・インドネシア・フィリピンなど東南アジアの国々でMVや映画出演などの活動を行います。インドネシアでは国の男性のほとんどが彼女のことを知っていると言われるほどの人気ぶりです。

「小澤マリア」のプレイスタイル


ハーフ美女としてハイクラスな容姿の「小澤マリア」。そんな彼女はアイドルAV女優としてデビューし、当初はスタンダードなプレイを行う作品への出演が多かったです。

ただ自身のことを「ドM」と評し、胸を鷲掴みにされる・お尻を叩かれる・ぶっかけ・イラマチオが好きと発言。そんな彼女だからこそ輪姦・激しいイラマチオ・複数人とレズ・飲尿など普通のAV女優がやりたがらないプレイを行う作品にも多く出演し、作品を見るユーザーが興奮するだけの演技を披露することができたのでしょう。

プレイを行う際は大きな喘ぎ声を出すといった派手なリアクションではなく、小さくも艶っぽい声を出しながら身体をくねらせて感じる姿を見せます。彼女のような美女が抑えながらも「エッチ」だと思わせるような反応をすることも魅力と言えるでしょう。

中州ソープで遊べるという「小澤マリア」の性格


「小澤マリア」はAV女優という仕事に誇りを持っており、「AV女優」という仕事のイメージを上げるために仕事を始めたと語っています。高い向上心を持って作品に臨み、デビューから3年間一度もNGを出さないなど心から撮影を楽しんでいたようです。

そんな彼女は13歳のときに当時付き合っていた彼氏と初体験。入院していた彼氏のお見舞いに行ったときに、6人部屋の病室でフェラチオを行うという経験をしたこともあるといいます。またヴィジュアル系バンドが好きという彼女は、ロックバンドの追っかけを行いミュージシャンと屋外のトイレなどでエッチをした経験もあるようです。

こういった経験を持ちAV女優という仕事に良いイメージを持ち真摯に向き合った彼女だからこそ、AV女優として大きな成功をおさめることができたのではないでしょうか。

関連記事

端正なルックスを持った痴女系ギャル女優「安西瑠菜」

NO IMAGE

経験豊富なお姉さま系セクシー女優「一色あずさ」